のれそれはまずい、美味しい?評価と理由、おすすめメニューをアンケート調査!

のれそれ

のれそれについてのアンケート調査を実施し、その結果とまずい、普通、美味しいのそれぞれの評価の人のコメントを紹介します。

また、合わせてより美味しいと思う料理やお店なども聞いてきました。

のれそれって、もしかしてまずいのかな・・?

と不安な方はぜひ参考にしてください。

ではさっそくみていきます。

目次

のれそれはまずいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

のれそれ
項目票数
すごくマズいと思う1
少しマズいと思う4
ふつう・どちらとも言えない1
マズいとは思わない3
全くマズくない・すごく美味しい1
CrowdWorksにてアンケートを実施

読者アンケートの結果を踏まえると以下の通り。

\平均評価/

2.9
Rated 2.9 out of 5
星5つ中の2.9(10人のレビュー)
とても美味しい10%
不味いとは思わない30%
ふつう10%
少し不味いと思う40%
すごく不味いと思う10%

\レビュー/

No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年3月26日

聞いたことが無い人も多いかもしれませんが、高知で有名なアナゴ等の稚魚です。

のど越しがツルッとしていて、程よい甘味があり美味しい珍味として人気あります。

40代男性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年3月26日

のれそれは高知ではよく食べられています。淡白でありながらほんのりと甘味があり美味しいです。最高とまではいかないけど美味しいです。

30代女性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年3月26日

粘りっぽい身になっていて、舌ざわりが悪いからです。味も少し甘みがあり、甘いものが苦手だと美味しいとは感じません。

30代女性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年3月26日

基本的に味はあまりなく、良くいうとあっさりとした、悪く言うと味がない。シラウオに似ていると、例えそうだが、シラウオより味がない。

30代男性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年3月26日

思ったより生臭くヌメヌメした。めったに店頭に並ばないが安かったので、酒のつまみに買って帰ったが、期待はずれだった。

50代男性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年3月26日

喉越しがよく、つるつるとした食感で美味しいと感じました。ポン酢と紅葉おろしと刻み葱を添えて頂きましたが、とてもよく合い、お酒との相性も抜群です。

30代女性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023年3月26日

夫の実家である高知で初めて食べたときに最高においしくて、それからは高知でみかける度に買って食べていますが、売っていない時季もあるので、レア感もあります、

50代女性
No Title
Rated 1.0 out of 5
2023年3月26日

ほんのりと甘いところてんと言われて食べさせられた事がありますが、ヌルヌルとした魚の食感が気持ち悪く味付けも薄いので美味しくありませんでした。

40代女性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年3月26日

生の稚魚を一気に飲み干す食べ物なので稚魚本来の味を堪能すると言うよりも、喉腰を楽しむ食べ物なのでポン酢やだし醤油の味しかしないので美味しいとは言えない。

40代女性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年3月26日

苦み、臭みがあって、少しも美味しいと思わなかったし、量も盃一つぶんぐらいで値段はいくらやウニより高かった。

50代女性

\絶賛募集中/

あなたの意見をお聞かせ下さい

では続いて、

  • マズいと思う人
  • マズいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

のれそれがマズいと思う人の理由・コメント・評判

まずはのれそれをマズいと答えた人の理由からです。

粘りっぽい身になっていて、舌ざわりが悪いからです。味も少し甘みがあり、甘いものが苦手だと美味しいとは感じません。(30代女性)

基本的に味はあまりなく、良くいうとあっさりとした、悪く言うと味がない。シラウオに似ていると、例えそうだが、シラウオより味がない。(30代男性)

思ったより生臭くヌメヌメした。めったに店頭に並ばないが安かったので、酒のつまみに買って帰ったが、期待はずれだった。(50代男性)

ほんのりと甘いところてんと言われて食べさせられた事がありますが、ヌルヌルとした魚の食感が気持ち悪く味付けも薄いので美味しくありませんでした。(40代女性)

苦み、臭みがあって、少しも美味しいと思わなかったし、量も盃一つぶんぐらいで値段はいくらやウニより高かった。(50代女性)

のれそれが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

生の稚魚を一気に飲み干す食べ物です。稚魚本来の味を堪能すると言うよりも、喉腰を楽しむ食べ物なのでポン酢やだし醤油の味しかしないので美味しいとは言えない。(40代女性)

のれそれがマズくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはマズくないと感じた人のコメントです。

聞いたことが無い人も多いかもしれませんが、高知で有名なアナゴ等の稚魚です。のど越しがツルッとしていて、程よい甘味があり美味しい珍味として人気あります。(40代男性)

のれそれは高知ではよく食べられています。淡白でありながらほんのりと甘味があり美味しいです。最高とまではいかないけど美味しいです。(30代女性)

喉越しがよく、つるつるとした食感で美味しいと感じました。ポン酢と紅葉おろしと刻み葱を添えて頂きましたが、とてもよく合い、お酒との相性も抜群です。(30代女性)

夫の実家である高知で初めて食べたときに最高においしくて、それからは高知でみかける度に買って食べていますが、売っていない時季もあるので、レア感もあります、(50代女性)

のれそれのマズい食べ方は?注意点と改善点をまとめた

のれそれがマズいかマズくないは、商品そのもの以外に食べ手の味覚や好みによるところもあります。

そこで本項ではのれそれを食べる際の注意点やポイントを紹介します。

注意点・おすすめでないやり方

まずくなる組み合わせ、選び方の注意点は以下のとおり。

目から入る情報も美味しさに繋がりますので、見た目が苦手な方はおすすめしません。また、鮮度が落ちやすいのもあります。購入した日に食べるようにしましょう。

まず魚が苦手な人には無理です。生なので食感がダメな人もいると思います。透明であり見た目もダイレクトに小魚の集合体なので少し引くかもしれません。

刺身で食べるのがまずいです。粘り気が強く、口の中全体で糸を引く食感が気持ち悪いので避けた方が良いメニューです。

前述のとおり、味があまりないため、濃い味の調理味では、魚の味がなくなるため、注意。

お酒を飲まない人は食べないほうがいい。ご飯のオカズには合わない。薬味は入れたほうがいい。

マズい組み合わせに関するコメントをもっと見る

生ものが苦手な人にはおすすめできません。また、しっかり目がついている魚で細長くにゅるっとした質感ですから、虫系を連想する人もいるかもしれませんので、見た目に苦手意識がある人はあまりおすすめできません。

新鮮でない物は生臭くなり美味しくないので、(匂いでわかると思います)食べてはダメです。

のれそれは、主人の実家がある高知にゴールデンウイークに帰省すると食卓に並んでいます。もみじおろしのポン酢やわさびだし醤油など各々が好きに食べているものの、生物が嫌いな人は揚げるか焼くかしないと無理でしょう。

のれそれと良く似たシラウオやシロウオは、生だけでなくかき揚げなどにして食されていますが、のれそれは決して火を通さず生で食べるべきですが、結果的に生を食べれない人には不向きな食べ物となってしまいます。

旬の時期以外に食べるのはお勧めしない(冷凍ものも)色が悪いし、甘みが無く苦みを感じるから。お酒の飲めない方は食べない方が無難。あくまでも酒のアテ。

改善のコツ・おすすめのやり方

改善点は以下のとおりです。

一般的には鮮度あるうちに生でいただくのが美味しいです。ポン酢や山葵などでアクセントを付けると美味しさが上がります。火を通して卵と和えるのもおすすめです。

食べ方は色々ありますが、基本は三杯酢やポン酢で食べる事が多いです。生が多いですが食べれない人は茹でると食べやすくなります。

酢の物にすると美味しく召し上がれます。少しショウガを混ぜるのがポイントで、粘り気を取ることもできます。

一般的には、ポン酢や三杯酢とともに、生の状態で食べることが、個人的にはタレの味しかしないため、塩をつけて食べるのをおすすめする。

生姜、ネギを入れてポン酢で和える。小骨や目玉など複雑な食感、苦みなどを確認しながら、酒と一緒に。

まずくない選び方のコツに関するコメントをもっと見る

醤油をつけて刺身のように食べるのも美味しいですが、ポン酢であっさりと食べるのも非常に向いていると思います。大人の方には辛めの薬味と一緒に食べるのもおすすめです。食事の中での最初の一品としてや、お酒のおつまみとして食べるといいと思います。

捕れてからすぐに冷凍してあるようなものを選び、食べる直前に解凍するのが一番安心だと思います。私はポン酢(特にゆずポン酢)で食べるのが大好きですが、にんにく醤油やしょうが醤油で食べても美味しいと思います。

のれそれは、生のぬるっとした心太の様な食感が最大の魅力なのでかき揚げなどにせずに、ポン酢やだし醤油をかけて一気に喉腰を楽しむべきです。

作り方は至って簡単であり、適量ののれそれにポン酢やだし醤油をかけて一気に飲み干すだけです。

旬の時期に、地元民お勧めの店なりに予約を入れて、まず新鮮なモノを手に入れる事が重要です。

初心者の方はぜひ参考にしていきましょう。

まずくないのれそれの代用メニューのおすすめを紹介

最後にのれそれの代わりに使えるおすすめのメニューを紹介します。

しらす

まずはしらすです。

鮮度の鬼
¥2,999 (2024/05/13 19:30時点 | Amazon調べ)

釜揚げのしらすを丼でいただく人も多いかと思います。生でも美味しく、たくさん食べられる魚です。ご飯のお供に欠かせない食材でしょう。

ちりめん丼

続いてはちりめん丼です。

茹でていますが見た目は似ています。味もそこまで変わりませんし値段もちりめんじゃこの方が安いです。一般的に売られているので手に入りやすいです。

イカナゴ

続いてはイカナゴです。

春の名物であり、そのままイカナゴの稚魚をワサビ醤油で食べると絶品です。のど越しのいい味なのがおすすめで、スーパーなどで1パック398円程度で購入できます。

シラウオ

続いてはシラウオです。

シラウオのほうが、大きさは小さいが、味は甘みが少しあり、柔らかいのが特徴。のれそれと同様、生で食べるが、食感て好みが分かれるかも。

シラスの釜揚げ

続いてはシラスの釜揚げです。

シラスならオカズにもなるしツマミにもなる。丼にもなるし、値段も半分くらいだと思う。

まとめ

以上がのれそれの評判とおすすめの使い方、そして代用メニューの紹介でした。

のれそれに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「マズい? マズくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次