フエフキダイはまずい、美味しい?評価と理由、おすすめメニューをアンケート調査!

フエフキダイ

フエフキダイについてのアンケート調査を実施し、その結果とまずい、普通、美味しいのそれぞれの評価の人のコメントを紹介します。

また、合わせてより美味しいと思う料理やお店なども聞いてきました。

フエフキダイって、もしかしてまずいのかな・・?

と不安な方はぜひ参考にしてください。

ではさっそくみていきます。

目次

フエフキダイはまずいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

フエフキダイ
項目票数
すごくマズいと思う0
少しマズいと思う0
ふつう・どちらとも言えない2
マズいとは思わない3
全くマズくない・すごく美味しい5
CrowdWorksにてアンケートを実施

読者アンケートの結果を踏まえると以下の通り。

\平均評価/

4.3
Rated 4.3 out of 5
星5つ中の4.3(10人のレビュー)
とても美味しい50%
不味いとは思わない30%
ふつう20%
少し不味いと思う0%
すごく不味いと思う0%

\レビュー/

No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年4月20日

タイ類になるので、刺身で食べた際は一般的なタイを食べたのと変わらない味でした。特に美味しいというわけではなく、淡白な味わいでした。

30代女性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年4月20日

可もなく不可もなく魚の味は淡白な感じだが、味はしっかりとしている。食べやすいのでこの評価にしました。

20代男性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年4月20日

皮の旨みが強い、口が尖っているユニークな姿をした美味しい白身のお魚です。東日本のお店で見かけたら珍しい!

40代男性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年4月20日

変わった名前をしていますが、何といっても鯛の仲間ですので、普通においしいと思います。あらで出汁を取るとおいしいです。

30代女性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年4月20日

普通のタイみたいに旬の時期だと脂身が多いので、刺身やそれに近い感じで食べるようにするのが大変お勧めです。

30代男性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023年4月20日

新鮮なフエフキダイは、身に臭みやクセがない淡白な味わいの白身であり、煮つけや焼物しても薄い皮から身離れが良く美味しく食べられます。

40代女性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023年4月20日

フエフキダイは、臭みやクセがない淡白な白身であり、新鮮なうちに刺身にすると見に弾力があってとても美味しいです。

40代女性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023年4月20日

タンパクな魚なので全く癖もなくどんな料理をしても美味しくして食べる事ができるので私はとても好きな魚だからです。

20代女性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023年4月20日

味はそこそこ美味しいが匂いがダメでした。独特なにおいが苦手で好んでもう一度食べようとは思わないです。

30代男性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023年4月20日

フエフキダイ系の魚は全般的に癖がなく、淡白な白身です。魚の身自体の旨味はそこまで強くないが、味付け次第で美味しく食べることはできます。

30代男性

\絶賛募集中/

あなたの意見をお聞かせ下さい

では続いて、

  • マズいと思う人
  • マズいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

フエフキダイがマズいと思う人の理由・コメント・評判

まずはフエフキダイをマズいと答えた人の理由からです。

今回、不味いと答えた人はおりませんでした。

フエフキダイが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

タイ類になるので、刺身で食べた際は一般的なタイを食べたのと変わらない味でした。特に美味しいというわけではなく、淡白な味わいでした。(30代女性)

可もなく不可もなく魚の味は淡白な感じだが、味はしっかりとしている。食べやすいのでこの評価にしました。(20代男性)

フエフキダイがマズくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはマズくないと感じた人のコメントです。

皮の旨みが強い、口が尖っているユニークな姿をした美味しい白身のお魚です。東日本のお店で見かけたら珍しい!(40代男性)

変わった名前をしていますが、何といっても鯛の仲間ですので、普通においしいと思います。あらで出汁を取るとおいしいです。(30代女性)

普通のタイみたいに旬の時期だと脂身が多いので、刺身やそれに近い感じで食べるようにするのが大変お勧めです。(30代男性)

新鮮なフエフキダイは、身に臭みやクセがない淡白な味わいの白身であり、煮つけや焼物しても薄い皮から身離れが良く美味しく食べられます。(40代女性)

フエフキダイは、臭みやクセがない淡白な白身であり、新鮮なうちに刺身にすると見に弾力があってとても美味しいです。(40代女性)

タンパクな魚なので全く癖もなくどんな料理をしても美味しくして食べる事ができるので私はとても好きな魚だからです。(20代女性)

味はそこそこ美味しいが匂いがダメでした。独特なにおいが苦手で好んでもう一度食べようとは思わないです。(30代男性)

フエフキダイ系の魚は全般的に癖がなく、淡白な白身です。魚の身自体の旨味はそこまで強くないが、味付け次第で美味しく食べることはできます。(30代男性)

フエフキダイのマズい食べ方は?注意点と改善点をまとめた

フエフキダイがマズいかマズくないは、商品そのもの以外に食べ手の味覚や好みによるところもあります。

そこで本項ではフエフキダイを食べる際の注意点やポイントを紹介します。

注意点・おすすめでないやり方

まずくなる組み合わせ、選び方の注意点は以下のとおり。

皮が旨みが強いので皮を残して調理することは前提で考えて欲しいです。そのため鱗の処理は丁寧にしないと台無しになります。

個体によっては、臭みが強いものがあります。また新鮮さがなくなっても臭みが出てきます。

似た様な種類の魚には毒を持っているものもいるため、自分で釣って食べるときには注意がいります。

小骨が多いので高齢者が食べる時は注意した方が良いです。食べる時は刺身にして、骨を全部取り除いてから配膳した方が良いです。

フエフキダイは、基本的に外道や雑魚に分類されることが多く、処理がしっかりしていない鮮度の落ちた個体は臭く美味しくありません。

マズい組み合わせに関するコメントをもっと見る

フエフキダイは、しめて時間が経ち鮮度が落ちると臭みが出るので、新鮮なうちに調理する必要があります。

マズイ食べ方はないと思います。その人の味付けが美味しくなかったら美味しくはないと思いますが基本的に魚自体美味しいです。

刺身、直接匂いがきます。匂いが気になる方は極力別の調理方法をして食べられるのが良いかと思います。

天ぷらにしたことが以前あったが、べちゃべちゃになってしまい、難しいと感じました。

刺身で食べるのはあまりお勧めしません。塩をまぶしたりピチッとシートなどでしっかり水抜きをしたらそのまま捌いて食べるよりも美味しくいただけます。また、生で食べるなら皮をつけたまま皮めをバーナーなどで炙って食べると美味しいです。

改善のコツ・おすすめのやり方

改善点は以下のとおりです。

皮にバーナーか何かで焼き色をつけてお刺身にすると、とても美味しくいただけます。実はふっくらなので、塩味で茹でて食べるのも美味しいです。

個人的に、刺身や生で食べると言うより、アラでだしを取ったり、しゃぶしゃぶにした方が美味しく食べられると思います。

刺身して食べるのもいいですし、カルパッチョにして食べてみるのも結構あっています。

お造りが一番美味しいと思った魚です。醤油とワサビのほか、ショウガ・ミョウガを薬味にするとピリ辛風味で美味しさもアップします。

フエフキダイは、鮮度が低下するときは臭くなるので新鮮なものを調理することが肝要であり、刺身以外にも煮付けや塩焼きなどが美味しいです

まずくない選び方のコツに関するコメントをもっと見る

可能であれば、生きているフエフキダイを刺身にすると美味しく、煮付けや塩焼きにすると鮮度を比較的気にすることなく食べられます。

フロフキダイの味をそのまま味わいたいのであれば、刺身もしくはカルパッチョにすると美味しいし、塩焼きにしても煮付けにしても美味しいです。

煮つけなどにすれば匂いも抑えられ食べやすいのでないでしょうか?私は刺身でこりごりとしてしまい、それ以降食べてないので、わからないですが、白身魚の煮つけは間違いないかと

煮つけは非常においしくいただけます。醤油とみりんだけでおかずになりますのでおすすめです。

基本的に火を通す食べ方ならどんな調理法でも美味しく食べられます。焼きでもフライでも天ぷらでもok。特におすすめな食べ方は塩と少量の泡盛で味付けをしたマース煮です。

初心者の方はぜひ参考にしていきましょう。

まずくないフエフキダイの代用メニューのおすすめを紹介

最後にフエフキダイの代わりに使えるおすすめのメニューを紹介します。

イサキ

まずはイサキです。

似たような食べ方ができると思いますが、イサキは皮をちゃんと処理してから食べた方がいいと思います。

真鯛

続いては真鯛です。

やはりフエフキダイと言う認知度の低いやすい鯛よりも、一般的に広く知れ渡っている真鯛が1番おいしいです。

サケのカルパッチョ

続いてはサケのカルパッチョです。

フエフキダイと一緒にサケも取り入れることによって、カルパッチョのバリエーションが増えてくれます。

チヌ

続いてはチヌです。

1匹900円程度で鮮魚店で並んでおり、姿造りにしてもお安く買えるのがポイントです。かなり歯ごたえのある白身で、秋なら脂ものっていて美味しくいただけます。

メイチダイ

続いてはメイチダイです。

メイチダイは、フエフキダイの旬を外れる夏から秋にかけて美味しくなる魚であり、フエフキダイと同様に新鮮であれば臭みのない美味しい白身魚です。昔に比べると漁獲量が多くなっているものの流通地域が限定的であり、フエフキダイよりも安価で購入できます。

まとめ

以上がフエフキダイの評判とおすすめの使い方、そして代用メニューの紹介でした。

フエフキダイに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「マズい? マズくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次