熊の手はまずい、美味しい?評価と理由、おすすめメニューをアンケート調査!

熊の手

熊の手についてのアンケート調査を実施し、その結果とまずい、普通、美味しいのそれぞれの評価の人のコメントを紹介します。

また、合わせてより美味しいと思う料理やお店なども聞いてきました。

熊の手って、もしかしてまずいのかな・・?

と不安な方はぜひ参考にしてください。

ではさっそくみていきます。

目次

熊の手はまずいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

熊の手
項目票数
すごくマズいと思う2
少しマズいと思う2
ふつう・どちらとも言えない4
マズいとは思わない1
全くマズくない・すごく美味しい1
CrowdWorksにてアンケートを実施

読者アンケートの結果を踏まえると以下の通り。

\平均評価/

0.0
Rated 0.0 out of 5
星5つ中の0.0(0人のレビュー)
とても美味しい0%
不味いとは思わない0%
ふつう0%
少し不味いと思う0%
すごく不味いと思う0%

\レビュー/

\絶賛募集中/

あなたの意見をお聞かせ下さい

では続いて、

  • マズいと思う人
  • マズいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

熊の手がマズいと思う人の理由・コメント・評判

まずは熊の手をマズいと答えた人の理由からです。

とにかく臭かったです。獣臭が個人的にキツくて食べた瞬間気持ち悪くなりました。身体に良いとは聞くけど受け付けませんでした(20代女性)

かなり好き嫌いの分かれる料理だと思います。自分はかなり丁寧に下準備をしたものを食べたと思いますが、それでもクマ肉独特の何とも言えない臭みが残っているのがわかります。それを克服できる人でないとあまりお勧めできない料理です。(40代男性)

かなり硬い肉質で、脂分もないことから好きにはなれません。珍味ではあるものの、普段から食べ慣れていないと生臭さも気になります。(30代女性)

まず、見た目がかなり手の形そのままに近い状態で出てきたので無理でした。食べてみると、食感がモサモサしていて、生臭い感じでした。(20代女性)

熊の手が普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

コラーゲンが豊富で健康や体には悪くないと思う。でも、味はそんなにおいしくはない。少なくとも値段に合わない(20代男性)

おそらくおいしいけど、原形を知っているだけにそれを想像するとおいしさが半減してしまう。たれをかけて食べたらおいしかった。(40代女性)

見た目から旨そうに思えない点は特別素材ならではですが、高級食材でもある熊の手は値段のわりに唸るほど旨いわけでもキツイ匂いがするわけでもなく、食べられるといった感想です。経験といった観点から普通という風にしました。(40代男性)

特別うまいというわけではないのですが熊のお肉ですから旨味はそれなりにありますので別にまずいということもないです。(30代男性)

熊の手がマズくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはマズくないと感じた人のコメントです。

ジビエ料理のお店で、特別メニューとして頂きましたが。臭みもなく、料理の仕方次第で、美味しくなるかなと思います。(40代男性)

熊掌は中国の伝統的な食材で、八珍の一つとされています。 熊掌は主に中国東北の長白山地域で産出され、黒熊やヒグマの足の裏が多く使われます。 熊掌は味が淡白ですが、脂肪が多くて口当たりが良く、たくさんの調味料で味付けすると美味しくなります。(20代男性)

熊の手のマズい食べ方は?注意点と改善点をまとめた

熊の手がマズいかマズくないは、商品そのもの以外に食べ手の味覚や好みによるところもあります。

そこで本項では熊の手を食べる際の注意点やポイントを紹介します。

注意点・おすすめでないやり方

まずくなる組み合わせ、選び方の注意点は以下のとおり。

毛の部分をコツコツと抜いていく必要がある。また本当に調理できているか、感染的にも気になった

祖父が似て漢方薬みたいなのを作っていましたが本当に煮てる時も臭すぎて気持ち悪かったです

自分で料理した訳ではないので。なんとも言えませんが。素材の鮮度や、入手経路は、吟味した方がいいと思います。

見た目が諸に手ですので、ゲテモノ系などが苦手な人は無理でしょう。また、下処理が大変難しい食材でもあるため丁寧に扱わないと匂いがきつくなるとも言われています。購入して自信でするよりもしっかりとした店で食べることをおすすめします。

マズい組み合わせに関するコメントをもっと見る

珍味ではあるのですが基本的にはあんまり味を付けることなく、素材の味を活かした料理が良いです。

ジビエ料理に慣れていない方は避けた方がいいです。独特の臭みがあるので、どんな味付けをしても美味しいとは感じません。

熊掌の料理法はいくつかありますが、代表的なものは紅焼熊掌と熊掌そばです。熊掌を熱湯で湯通しし、毛を抜きます。熊掌を流水にさらして臭みを取ります。熊掌を鍋に入れて水と酒と酢を加えて弱火で5日間蒸します。熊掌が柔らかくなったら爪を取り除きます。鍋に醤油や砂糖や香辛料などを加えてさらに5日間蒸します。紅焼熊掌の出来上がりです。

よく行っていた町の個人経営の中華料理店で、メニューには無いけど、サービスで出してくれた物でした。シンプルな味付けで生臭さがありました。

改善のコツ・おすすめのやり方

改善点は以下のとおりです。

醤油をかけて煮詰めると、美味しいとおもいます。でも醤油自体に依存してしまいそうだす。

下処理はしっかりすることと、有名中華レストランなどに行って食べることで癖を感じることなくおいしいと感じられるはず。

身体に良いので煮て乾燥させて薬にするといいらしいです。私が幼少期の時から冬になると作ってました

自分で調理していないので、何ともですが。臭みがでない様に鮮度や調理法は、専門家の意見を伺いながら試行錯誤する必要があると思います。

見た目が苦手な方は元がわからない様に調理した物や食べなれた味付けにしてもらうと大丈夫です。しかしながら、折角の熊の手ですので形そのままが一番楽しめます。

まずくない選び方のコツに関するコメントをもっと見る

ショウガやニンニクなどのスパイスをかなり効かせて作るのが一番いいと思います。あと、手の形を保ったままだと迫力はありますが、その一方で非常に食べづらいです。事前に細かくして、下処理を行ってからの料理の方が食べやすいかもしれません。

圧力鍋を用いて香辛料で味付けをする煮込み料理がおすすめです。肉がとても柔らかくなり、しっかりと内部まで柔らかくなります。

熊掌は非常に柔らかいですが、爪や骨が残っていることもあります。 ですから、熊掌を食べるときは、その部分に注意して噛むことが大切です。

生臭さをしっかり取ることと、味付けを濃いめにすると美味しくなるのかもしれないと思いました。あとは食感がモサモサしたのでホロホロになるように煮込むといいのかもしれません。

初心者の方はぜひ参考にしていきましょう。

まずくない熊の手の代用メニューのおすすめを紹介

最後に熊の手の代わりに使えるおすすめのメニューを紹介します。

ふかひれ

まずはふかひれです。

コラーゲンたっぷりで美容にいいと思う。味も熊の手より美味しいし,手に入りやすい。

馬肉

続いては馬肉です。

変わり者の肉の中でも有名で食べやすいし、クマの手よりも抵抗なく食べられるはずなのでオススメ。

鹿肉料理

続いては鹿肉料理です。

地元では、最近はジビエとして津注目されています。普通に煮たり焼いた利してもおいしいですが、牛や豚と比べるとやや脂肪分が足りないので一工夫必要なようです。

牛バラ肉

続いては牛バラ肉です。

煮込み料理として提供されたので、食べた食感は近いなと思いました。肉自体の、獣らしい風味は異なりましたが。

豚足

続いては豚足です。

コラーゲンたっぷりの食材となりますので、豚足に似ていると感じるでしょう。価格自体は豚足のが圧倒的に安く、多く食べられますので食感を楽しみたいならば豚足から始めてみるのもありです。

まとめ

以上が熊の手の評判とおすすめの使い方、そして代用メニューの紹介でした。

熊の手に対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「マズい? マズくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次