フードプロセッサーで作った大根おろしはまずい、美味しい?評価と理由、おすすめメニューをアンケート調査!

フードプロセッサーで作った大根おろし

フードプロセッサーで作った大根おろしについてのアンケート調査を実施し、その結果とまずい、普通、美味しいのそれぞれの評価の人のコメントを紹介します。

また、合わせてより美味しいと思う料理やお店なども聞いてきました。

フードプロセッサーで作った大根おろしって、もしかしてまずいのかな・・?

と不安な方はぜひ参考にしてください。

ではさっそくみていきます。

目次

フードプロセッサーで作った大根おろしはまずいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

フードプロセッサーで作った大根おろし
項目票数
すごくマズいと思う0
少しマズいと思う5
ふつう・どちらとも言えない4
マズいとは思わない1
全くマズくない・すごく美味しい0
CrowdWorksにてアンケートを実施

読者アンケートの結果を踏まえると以下の通り。

\平均評価/

2.6
Rated 2.6 out of 5
星5つ中の2.6(10人のレビュー)
とても美味しい0%
不味いとは思わない10%
ふつう40%
少し不味いと思う50%
すごく不味いと思う0%

\レビュー/

No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年4月20日

大振りの魚ですが、出汁を取る以外に使い道のない魚で全体ではとても不味い魚です。特に刺身にしたらベトベトした身で食べたいとは思いません。

30代女性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年4月20日

おろし金に比べると滑らかさに欠けるし、香りがあまり良くない、小さな塊がのこり、食感があまり良くないと思った

40代女性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年4月20日

フードプロセッサーで作った大根おろしは、刃が細かく回転することで大根の繊維を細かく刻んでしまうため、通常手でおろす場合とは食感があまりなく、風味が異なります。

30代女性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年4月20日

よく大根おろしが必要になったので、一度楽をしようとフードプロセッサーで作った。が、すりおろしたようにはならず、塊がちょいちょい混ざっていて、綺麗な大根おろしにならなかった。そもそも大根おろしにフードプロセッサーは向いていない。

40代男性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年4月20日

細かい状態にしすぎたのか大根の味が今一つ感じとれない。大根おろしらしさがなかったように思います。

40代女性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年4月20日

食感は多少変わりますが、おおむね同じように思いました。フードプロセッサーで作るとすりおろすだけではなく、混ぜながら細かくするということも行いますので、どちらかというと大根ジュースに近いような感じなのではないかと思います。

40代男性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年4月20日

味については、フードプロセッサーを使って作った大根おろしが美味しくないとは思わなかった為。また、とても美味しいといった訳でもなかった為、ふつうと評価しました。ごくごく普通の大根おろしだったから。

40代女性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年4月20日

北陸地方の雪のような、シャバシャバした感触になリます。後は、削り残しの塊が残ってしまいます。これはどうしようもないですね。

50代女性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年4月20日

特に気になる事は有りませんでしたが、すり下ろすより楽だったのでこれでもよいと思いました。また好みの問題もあると思いますが、私は違和感があまり感じませんでした。その後も何度か行いましたが、フードプロセッサーの手入れが大変なのでおろし金に変えました。

60代男性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年4月20日

家庭で使う大根おろしの量は少ないため、すべてきれいにすりおろすのは難しいです。少しすりおろせない塊が出てくるので、はぶくのが面倒ですが、気にならなければ十分美味しく食べられます。

30代女性

\絶賛募集中/

あなたの意見をお聞かせ下さい

では続いて、

  • マズいと思う人
  • マズいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

フードプロセッサーで作った大根おろしがマズいと思う人の理由・コメント・評判

まずはフードプロセッサーで作った大根おろしをマズいと答えた人の理由からです。

大振りの魚ですが、出汁を取る以外に使い道のない魚で全体ではとても不味い魚です。特に刺身にしたらベトベトした身で食べたいとは思いません。(30代女性)

おろし金に比べると滑らかさに欠けるし、香りがあまり良くない、小さな塊がのこり、食感があまり良くないと思った(40代女性)

フードプロセッサーで作った大根おろしは、刃が細かく回転することで大根の繊維を細かく刻んでしまうため、通常手でおろす場合とは食感があまりなく、風味が異なります。(30代女性)

よく大根おろしが必要になったので、一度楽をしようとフードプロセッサーで作った。が、すりおろしたようにはならず、塊がちょいちょい混ざっていて、綺麗な大根おろしにならなかった。そもそも大根おろしにフードプロセッサーは向いていない。(40代男性)

細かい状態にしすぎたのか大根の味が今一つ感じとれない。大根おろしらしさがなかったように思います。(40代女性)

フードプロセッサーで作った大根おろしが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

食感は多少変わりますが、おおむね同じように思いました。フードプロセッサーで作るとすりおろすだけではなく、混ぜながら細かくするということも行いますので、どちらかというと大根ジュースに近いような感じなのではないかと思います。(40代男性)

味については、フードプロセッサーを使って作った大根おろしが美味しくないとは思わなかった為。また、とても美味しいといった訳でもなかった為、ふつうと評価しました。ごくごく普通の大根おろしだったから。(40代女性)

北陸地方の雪のような、シャバシャバした感触になリます。後は、削り残しの塊が残ってしまいます。これはどうしようもないですね。(50代女性)

特に気になる事は有りませんでしたが、すり下ろすより楽だったのでこれでもよいと思いました。また好みの問題もあると思いますが、私は違和感があまり感じませんでした。その後も何度か行いましたが、フードプロセッサーの手入れが大変なのでおろし金に変えました。(60代男性)

フードプロセッサーで作った大根おろしがマズくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはマズくないと感じた人のコメントです。

家庭で使う大根おろしの量は少ないため、すべてきれいにすりおろすのは難しいです。少しすりおろせない塊が出てくるので、はぶくのが面倒ですが、気にならなければ十分美味しく食べられます。(30代女性)

フードプロセッサーで作った大根おろしのマズい食べ方は?注意点と改善点をまとめた

フードプロセッサーで作った大根おろしがマズいかマズくないは、商品そのもの以外に食べ手の味覚や好みによるところもあります。

そこで本項ではフードプロセッサーで作った大根おろしを食べる際の注意点やポイントを紹介します。

注意点・おすすめでないやり方

まずくなる組み合わせ、選び方の注意点は以下のとおり。

フードプロセッサーで混ぜすぎると、上記に書いたように大根ジュースに近いイメージとなりますので、混ぜ時間は調節した方がいいと思います。

フ-ドプロセッサ-でのまずい作り方は、素材が一番わかりやすい、ポン酢をかけてそのまま食べるやり方です。これは他でごまかせようがなく、大根おろしそのものの食べ方でうまい、まずいが一目瞭然です。

性能のあまり良くないフードプロセッサーを使って大根おろしを作ると、小さな粒の大根を口に含んでいる感じがする

刃物の種類によっては、大根がつぶれやすいため、刻み方や刃物の選択に注意する必要があります。メーカーに問い合わせたほうが確実でしょう。

フードプロセッサーでの大根おろしを作る際は新鮮な大根を使った方がよいと感じます。あまり、新鮮ではない大根を使うと、みずみずしさがなく、大根おろしが美味しくなかったことがありました。

マズい組み合わせに関するコメントをもっと見る

性能にもよるが、基本的に固形物をすりおろす系をフードプロセッサーで作るのはやめた方がいい。普通にすりおろした方がうまくできるし、圧倒的に美味い。

大根は季節によって水分量が大きく違います。例えば今の季節(春) の大根は水分量が少ないので、おいしくありません。

食感に敏感な人には向いていないかもしれません。また掛ける時間でも微妙に違ってきますので少しづつ回すことをお勧めいたします。

刃の回転速度をあまり細かい状態にしない方がいいと思います。やや粗目かなと思うくらいの方が好みです。

汁などに入れる場合は、塊が入ってしまうとそこだけ火が通っておらず硬めのものが入ることがあるため注意は必要だと思いました。

改善のコツ・おすすめのやり方

改善点は以下のとおりです。

フードプロセッサーの機能で野菜のカットを指定できるようなものがあればいいですが、そうでない場合は時間の配分は気を付けることが大切だと思います。

フ-ドプロセッサ-の大根おろしをおいしく食べるには、ある程度ごまかさねばならないので、ちょっとした脇役的な食べ方、サンマの塩焼きの横に添えるような感じでしょうか。そうすれば主はサンマですのでそれほど味は気にならないと思います。

おろし金が付属されているフードプロセッサーで、、さらに歯の品質が良いものを選ぶのが良いと思います

大根おろしには、たっぷりのレモン汁やポン酢、しょうゆなどの調味料を加えることで、酸味やコクを加えることができます。

新鮮な大根を使うことによって、フードプロセッサーを使って作った大根おろしがより新鮮に感じます。生で食べても良いですし、お魚と煮込むみぞれ煮に使っても美味しかったです。沢山量も作れる為、便利でした。

まずくない選び方のコツに関するコメントをもっと見る

どうしてもフードプロセッサーでやりたい場合は切るサイズに気をつけた方がいい。また細かくした後で荒い残り滓を取り除くために網ザルなどを使った方がなめらかなものができるだろう。

大きめの大根は乱切りが時間が短縮できて楽でした。余った部分はお味噌汁に普通に包丁で切って入れます。

様子を見ながら書ける事をお勧めいたします。当然ですが粗目が好きなら短く滑らかなのが好みの方なら長めに掛けるといいかと思います。鍋などに入れる時は掛ける時間を短めの粗目で、揚げ出しやてんなら滑らかにするのがお勧めです。

大根の部位ごとに辛味がちがうので注意した方がいいです。少し辛い時はお酢をいれて辛味を解消したりしています。

塊のまま使う場合は少し長めに煮込んだりすると塊まで火が通って食べやすくなると思います。

初心者の方はぜひ参考にしていきましょう。

まずくないフードプロセッサーで作った大根おろしの代用メニューのおすすめを紹介

最後にフードプロセッサーで作った大根おろしの代わりに使えるおすすめのメニューを紹介します。

大根のスライサー千切りポン酢和え

まずは大根のスライサー千切りポン酢和えです。

おろしにするより、スライサーで細かくした方がはるかにお手軽で、食感も良い。それにポン酢とかつお節で和えてお手軽なサラダができる。

貝印の大根おろし器で作った大根おろし

続いては貝印の大根おろし器で作った大根おろしです。

貝印(Kai Corporation)
¥1,182 (2024/05/25 12:22時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

貝印で作った大根おろしは、本当雪のようなふわふわとして柔らかい大根おろしになります。しかもさほど力がいらずにすり下ろすことができて楽です。フ-ドプロセッサでおろした後の清掃を考えると断然楽です。しかもダンチでおいしく出来上がります。食べ方はどうやってもおいしいですが、まず何もつけずにそのまま食べてください。大根おろしがこんなにもおいしいものかと思います。お値段ですが私のはアマゾンで1千円ちょっとでした。コスパ最高です。

冷凍大根おろし

続いては冷凍大根おろしです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

おろし金で下ろしてあるし、欲しい量だけ使えて、洗いものなどの手間が省けるのでおすすめです

ゆでたブロッコリーの茎を細かく刻んだ「ブロッコリーおろし」

続いてはゆでたブロッコリーの茎を細かく刻んだ「ブロッコリーのおろし」です。

ニュー ワールド ファームス
¥2,758 (2024/05/26 14:58時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ブロッコリーの茎は、大根と同じように細かく刻むことができます。大根おろしと同様に、酸味のあるドレッシングやポン酢などをかけて食べることができます。ブロッコリーの茎には食物繊維が豊富に含まれているため、健康にも良い食材です。

すりおろしたリンゴ

続いてはすりおろしたリンゴです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

味は多少、大根おろしと比較すると甘味が出てしまいますが、品種によっては、食感が似ているものもあるため、付け合わせなどには良いのかとも思います。お値段も若干、安く手に入ります。

まとめ

以上がフードプロセッサーで作った大根おろしの評判とおすすめの使い方、そして代用メニューの紹介でした。

フードプロセッサーで作った大根おろしに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「マズい? マズくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次