レトルトのおかゆはまずい、美味しい?評価と理由、おすすめメニューをアンケート調査!

レトルトのおかゆ

レトルトのおかゆについてのアンケート調査を実施し、その結果とまずい、普通、美味しいのそれぞれの評価の人のコメントを紹介します。

また、合わせてより美味しいと思う料理やお店なども聞いてきました。

レトルトのおかゆって、もしかしてまずいのかな・・?

と不安な方はぜひ参考にしてください。

ではさっそくみていきます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
目次

レトルトのおかゆはまずいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

レトルトのおかゆ
項目票数
すごくマズいと思う1
少しマズいと思う0
ふつう・どちらとも言えない1
マズいとは思わない7
全くマズくない・すごく美味しい1
CrowdWorksにてアンケートを実施

読者アンケートの結果を踏まえると以下の通り。

\平均評価/

0.0
Rated 0.0 out of 5
星5つ中の0.0(0人のレビュー)
とても美味しい0%
不味いとは思わない0%
ふつう0%
少し不味いと思う0%
すごく不味いと思う0%

\レビュー/

\絶賛募集中/

あなたの意見をお聞かせ下さい

では続いて、

  • マズいと思う人
  • マズいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

レトルトのおかゆがマズいと思う人の理由・コメント・評判

まずはレトルトのおかゆをマズいと答えた人の理由からです。

おかゆそのものが美味しいと感じない。コロナの救援物資でレトルトおかゆが入っていたため食べてみたが、ドロドロしていて最後まで食べられなかった。(30代男性)

レトルトのおかゆが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

炊いたお米から自分で煮て作るおかゆと比べると、食感などはやや物足りなさもありますが、すぐに食べることができ保存もきいて、消化に良い柔らかさがあり普通に美味しいと思います。(40代女性)

レトルトのおかゆがマズくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはマズくないと感じた人のコメントです。

ものによることではあるのですが割とおいしく頂けるものが殆どであるとは思えます。軽くチンするだけで食べられるので楽でもあります。(30代男性)

きちんと長時間煮込まれた米の柔らかさと滑らかさがあって、味もしっかり付いていたので美味しいと感じたため。(30代男性)

めちゃくちゃお腹いっぱいになるし、でもカロリー低いし個人的には大好きですけどね。パートナーのファスティングの回復食においてるのをたまに食べます。(40代男性)

おかゆというものは自分で作ってなんぼだと思っていましたがレトルトのお粥は本当に優しい味わいで美味しいです。(30代男性)

何も料理をする気が起きないちょっと体調が悪い時に食べたら普通に美味しかったからです。何の手間もかからなくて、あの味だったら全然ありだと思います。(30代女性)

少し味が薄いものもありますがだいたいは美味しいと思います。梅干しや醤油を足して食べると美味しかったです。(30代女性)

レトルトごはんはプラスチック容器の臭いを感じるのですが、レトルトパウチのお粥は変な臭いは感じませんでした。味やポタポタ加減は、こんなものかな、という感じ。梅干し入りのも食べたことがありますが、それだと全体が梅干し味になってしまうので、スタンダードな白粥のほうが好きです。(50代女性)

レトルトのおかゆも自分でお米から煮たおかゆも味に変化はなくほぼ同じ味、食感のおかゆなのでまずさはなくむしろ簡単におかゆが食べられてとてもおいしいです。(40代女性)

レトルトのおかゆのマズい食べ方は?注意点と改善点をまとめた

レトルトのおかゆがマズいかマズくないは、商品そのもの以外に食べ手の味覚や好みによるところもあります。

そこで本項ではレトルトのおかゆを食べる際の注意点やポイントを紹介します。

注意点・おすすめでないやり方

まずくなる組み合わせ、選び方の注意点は以下のとおり。

そのまま、それだけで、というのはさすがにきついので味付けとかオカズは必要になります。

炊飯器で炊いた白米が好きな人には、水分が多くなってしまうレトルトは向かないと感じる。

調理済みなので「温めずにそのまま食べられます」などと書いてあると思いますが、温めて食べないと味の感じ方が全然違うので美味しくない事が多いです。

メーカーにもよると思いますが、最初から塩味などがついているものも多く、やや米が脆くアクセントの少ない食感です。食べ飽きないようトッピングする場合は、元の塩分量なども見てから作ると良いかなと思います。

味がついていないものを買うので、しゃけや梅が最初から入ってるのはおすすめしません。

マズい組み合わせに関するコメントをもっと見る

このおかゆに調味料は加えない方がいいですね。優しい味わいが、崩れてしまいますね。

私は全然まずいと思ったことがないので、どう作ってもおいしいと思いますが、お腹が空いているときはたぶん量が少なくて物足りないです。それから、結構しゃばしゃばな水っぽいお粥なので、トロっとしたお粥を想像して食べたらまずいと思うかもしれません。

米にこだわりのある人には向きません。また、お米の歯ごたえが少ないものが多いのでお米の粒感が好きな方には向きません。

レトルトでなく、お粥をお米から自分で作る場合、煮てる途中でかき回すのはよくないと聞いたことがあります。

とろみがあってかなり柔らかく煮込まれているので固めに炊いたご飯が好きな人やご飯を濃いめの味付けで食べたい人には不向きだと思います。

改善のコツ・おすすめのやり方

改善点は以下のとおりです。

卵を溶かしていれることによって、たまごおかゆにすることができてとてもお勧め。

食べ方を変え、卵粥にして食べたところ白飯から作ったのと大差なく、美味しく食べる事ができた

温めてそのままでも美味しいですが、ちょい足しで漬物や食べるラー油などをトッピングすると、味に深みが出て更に美味しくなります。

やわらかく均一な食感なので、食べ飽きないよなアクセントとして、葉物野菜などシンプルな野菜や具をトッピングしても良いと思います。

トッピングに良いしゃけや梅干し昆布をするとよい。個人的には高菜とか明太子が大好き

まずくない選び方のコツに関するコメントをもっと見る

このおかゆに卵を入れるともっと美味しくなります。マイルドですごくヘルシーな感じです。

そのままでも美味しいですが、梅干しや漬物、ねぎなどの薬味をを自分で付け足したらさらに美味しいです。

しっかりと温めて、好みで卵や梅干しといった具を足すとしっかりとした食事になります。

水分にごはんが浮いているような、水っぽいお粥はあまり好きではなく、ポタポタしたお粥が好きです。電気釜で炊くこともできますが、ごはんと違ってお粥は保温はしておけません。糊になるらしいです。白粥が好きですが、中華粥も好きです。ザーサイなどのトッピングがあると最高です。ホテルの朝食バイキングでお粥があると、必ずおかわりします。

均一の熱さでおいしくレトルトのおかゆを食べるにはレンジよりパックのままお湯で似たほうが全体が温まるのでレトルトのおかゆを美味しく食べることが出来ます。

初心者の方はぜひ参考にしていきましょう。

まずくないレトルトのおかゆの代用メニューのおすすめを紹介

最後にレトルトのおかゆの代わりに使えるおすすめのメニューを紹介します。

オートミール

まずはオートミールです。

ケロッグ
¥1,134 (2024/05/30 03:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

レトルトのオートミールもお粥的に食べられてお勧めできます。値段的にはちょっと高めではあります。

白米(レトルト含む)、うどん

続いては白米(レトルト含む)、うどんです。

白米を食べられる状況であれば、米を炊いて食べた方が美味しい。炊ける状況でなければ、サトウのご飯のようなレトルトご飯。風邪を引いて米を食べるのが難しければうどんのような喉越しの良い炭水化物で代用すると良いと考える。

フリーズドライのおかゆ

続いてはフリーズドライのおかゆです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

お湯をかけるだけで美味しく食べられるので、レトルトを温めるよりも手軽です。味の違いもほとんどなく美味しいです。

スープ春雨

続いてはスープ春雨です。

ひかり味噌
¥1,733 (2024/05/23 17:12時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

このお粥の代わりはスープ春雨ですかね、おかゆだけじゃ回復しなくてよく春雨食べてるので

お茶漬け

続いてはお茶漬けです。

永谷園
¥1,800 (2024/05/23 17:12時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

おかゆの代用にはやはりお茶漬けが一番です。サラサラとはいるので食欲がない時にもぴったりです。

まとめ

以上がレトルトのおかゆの評判とおすすめの使い方、そして代用メニューの紹介でした。

レトルトのおかゆに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「マズい? マズくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次