牛乳味噌汁はまずい、美味しい?評価と理由、おすすめメニューをアンケート調査!

牛乳味噌汁

牛乳味噌汁についてのアンケート調査を実施し、その結果とまずい、普通、美味しいのそれぞれの評価の人のコメントを紹介します。

また、合わせてより美味しいと思う料理やお店なども聞いてきました。

牛乳味噌汁って、もしかしてまずいのかな・・?

と不安な方はぜひ参考にしてください。

ではさっそくみていきます。

目次

牛乳味噌汁はまずいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

牛乳味噌汁
項目票数
すごくマズいと思う2
少しマズいと思う0
ふつう・どちらとも言えない3
マズいとは思わない4
全くマズくない・すごく美味しい1
CrowdWorksにてアンケートを実施

読者アンケートの結果を踏まえると以下の通り。

\平均評価/

3.2
Rated 3.2 out of 5
星5つ中の3.2(20人のレビュー)
とても美味しい10%
不味いとは思わない40%
ふつう30%
少し不味いと思う0%
すごく不味いと思う20%

\レビュー/

No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年5月24日

個人的にはまろやかで普通の味噌汁以上に牛乳みそ汁の味が好きだからです。ただ、普通の味噌汁以上に好みは分かれるかなとは思います。

30代女性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年5月24日

女性が好き好む時だなと最初思いましたが、自分も全然大丈夫になりました。特に白味噌とのコンビネーションに、かぼちゃが好き。

40代男性
No Title
Rated 1.0 out of 5
2023年5月24日

牛乳が基本的な味で、とても白米と一緒に口にできる味ではないのでマズいです。味噌汁というよりも飲み物風でもう食べたくないです。

30代女性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年5月24日

田舎の方に行くとたまに出てくることがあるので普通だと思います。

塩分がある程度和らぐので食べやすくなります。

40代男性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年5月24日

牛乳を味噌に混ぜる、というのはちょっとミルクシチュー風味になるので美味しいのだが、ただの味噌汁だとどうしても塩味と出汁の味ベースなので、ひと工夫必要となる(バターを加えるなど)

40代男性
No Title
Rated 1.0 out of 5
2023年5月24日

想像しただけで不味そうで飲みたくない。そもそも、和風の味噌と牛乳をまぜるのが想像できないしわざわざ入れなくて良いと思う。

40代女性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023年5月24日

具によるが、わかめ以外はかなりおいしかった記憶がある。ミルクスープっぽくなり、洋食にも合う濃厚な味わいだった。

40代女性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年5月24日

やってみた時に、特段美味しいわけではないが、不味くもないなと思った。しかし、一度やって以降、やってみたいとは思わない。

30代女性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年5月24日

和風の薄いクラムチャウダーという感じでまろやかで好き。牛乳臭さみたいなのは無いし、具の味も邪魔しないし、味噌汁のしょっぱさが緩和される。

20代女性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年5月24日

先入観から味噌汁に牛乳というと違和感がありますが、味噌味を入れたミルクスープと思うと全くおかしくありません。味噌汁というよりも、和風のミルクスープになります。

30代女性
No Title
Rated 1.0 out of 5
2023年5月21日

牛乳が基本的な味で、とても白米と一緒に口にできる味ではないのでマズいです。味噌汁というよりも飲み物風でもう食べたくないです。

30代女性
No Title
Rated 1.0 out of 5
2023年5月21日

想像しただけで不味そうで飲みたくない。そもそも、和風の味噌と牛乳をまぜるのが想像できないしわざわざ入れなくて良いと思う。

40代女性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年5月21日

田舎の方に行くとたまに出てくることがあるので普通だと思います。塩分がある程度和らぐので食べやすくなります。

40代男性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年5月21日

牛乳を味噌に混ぜる、というのはちょっとミルクシチュー風味になるので美味しいのだが、ただの味噌汁だとどうしても塩味と出汁の味ベースなので、ひと工夫必要となる(バターを加えるなど)

40代男性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年5月21日

やってみた時に、特段美味しいわけではないが、不味くもないなと思った。しかし、一度やって以降、やってみたいとは思わない。

30代女性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年5月21日

まろやかで普通の味噌汁以上に、牛乳みそ汁の味が好きだからです。ただ、普通の味噌汁以上に好みは分かれるかなとは思います。

30代女性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年5月21日

最初は戸惑いましたが、自分も全然大丈夫になりました。特に白味噌とのコンビネーションに、かぼちゃが好き。

40代男性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年5月21日

具によるが、わかめ以外はかなりおいしかった記憶がある。ミルクスープっぽくなり、洋食にも合う濃厚な味わいだった。

40代女性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年5月21日

和風の薄いクラムチャウダーという感じでまろやかで好き。牛乳臭さみたいなのは無いし、具の味も邪魔しないし、味噌汁のしょっぱさが緩和される。

20代女性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023年5月21日

先入観から味噌汁に牛乳というと違和感がありますが、味噌味を入れたミルクスープと思うと全くおかしくありません。味噌汁というよりも、和風のミルクスープになります。

30代女性

\絶賛募集中/

あなたの意見をお聞かせ下さい

では続いて、

  • マズいと思う人
  • マズいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

牛乳味噌汁がマズいと思う人の理由・コメント・評判

まずは牛乳味噌汁をマズいと答えた人の理由からです。

牛乳が基本的な味で、とても白米と一緒に口にできる味ではないのでマズいです。味噌汁というよりも飲み物風でもう食べたくないです。(30代女性)

想像しただけで不味そうで飲みたくない。そもそも、和風の味噌と牛乳をまぜるのが想像できないしわざわざ入れなくて良いと思う。(40代女性)

牛乳味噌汁が普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

田舎の方に行くとたまに出てくることがあるので普通だと思います。塩分がある程度和らぐので食べやすくなります。(40代男性)

牛乳を味噌に混ぜる、というのはちょっとミルクシチュー風味になるので美味しいのだが、ただの味噌汁だとどうしても塩味と出汁の味ベースなので、ひと工夫必要となる(バターを加えるなど)(40代男性)

やってみた時に、特段美味しいわけではないが、不味くもないなと思った。しかし、一度やって以降、やってみたいとは思わない。(30代女性)

牛乳味噌汁がマズくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはマズくないと感じた人のコメントです。

まろやかで普通の味噌汁以上に、牛乳みそ汁の味が好きだからです。ただ、普通の味噌汁以上に好みは分かれるかなとは思います。(30代女性)

最初は戸惑いましたが、自分も全然大丈夫になりました。特に白味噌とのコンビネーションに、かぼちゃが好き。(40代男性)

具によるが、わかめ以外はかなりおいしかった記憶がある。ミルクスープっぽくなり、洋食にも合う濃厚な味わいだった。(40代女性)

和風の薄いクラムチャウダーという感じでまろやかで好き。牛乳臭さみたいなのは無いし、具の味も邪魔しないし、味噌汁のしょっぱさが緩和される。(20代女性)

先入観から味噌汁に牛乳というと違和感がありますが、味噌味を入れたミルクスープと思うと全くおかしくありません。味噌汁というよりも、和風のミルクスープになります。(30代女性)

牛乳味噌汁のマズい食べ方は?注意点と改善点をまとめた

牛乳味噌汁がマズいかマズくないは、商品そのもの以外に食べ手の味覚や好みによるところもあります。

そこで本項では牛乳味噌汁を食べる際の注意点やポイントを紹介します。

注意点・おすすめでないやり方

まずくなる組み合わせ、選び方の注意点は以下のとおり。

沸騰させてしまうと牛乳由来の膜ができてしまいます。火加減を調整し、沸騰しないよう作る必要があります。

低脂肪乳は味がかなり落ちてしまうので注意、味噌も赤味噌は合わないです、具材は豆腐や麩は合わないです。

牛乳アレルギーがある方は絶対に食べてはいけないものです。アレルギー反応が出てしまうので避けないといけません。

自宅で作るなら、くれぐれも成分無調整の牛乳を使うことおすすめします。低脂肪や成分調整牛乳だと味が薄くなるだけです。

ただ味噌汁に牛乳を足すだけ、にならないようにしたい。バターやチーズを加えるなどしてコクや味の追加をしないとあまり美味しいとはいえない。

マズい組み合わせに関するコメントをもっと見る

具材をスープみたいにして、野菜をたくさん入れて、クラムチャウダーみたいにしたら飲めるかもしれないです。

あたたまると牛乳の風味が出るため、牛乳が嫌いな人にはおすすめしない。また、牛乳の量が多いと沸騰しやすく吹きこぼれやすいので注意した方がいい。

牛乳の割合が多くなると、もはや味噌汁ではなくなってしまうので、量は加減した方が良い。

牛乳の量を間違えると美味しくないかも。入れるのは2人分で大匙1ぐらいが丁度いい。

先入観がありすぎる人は、牛乳が入っていることに違和感があるとおもうのでやめた方がいいかも知れません。また、ミルクスープ自体が苦手な人には当然向きません。

改善のコツ・おすすめのやり方

改善点は以下のとおりです。

クリームシチューに合うじゃがいもやウインナーなどの具材がよく合います。具だくさんにしたほうが美味しく仕上がると思います。

ジャガイモやかぼちゃ小松菜、ほうれん草、ベーコンなどが個人的には、おすすめです。

ニンジンやじゃがいもなどの野菜を入れて、パンに合わせる食べ方が美味しいです。洋風のスープ風になるのが理由です。

普通のみそ汁と比べるとシチュ―に近くなるので、ベーコンやソーセージなどの肉類を入れても美味しく食べられます。

牛乳+バター。これがかなり鉄板。もともと味噌風味のものにバターは合いものだが、そこに牛乳を足すことでまろやかになり、シチューのような味わいとなる。

まずくない選び方のコツに関するコメントをもっと見る

具材をスープみたいにして、野菜をたくさん入れて、クラムチャウダーみたいにしたら飲めるかもしれないです。名前も牛乳味噌汁という名前ではなく、ミソミルクスープみたいな名前にしたら良いと思う。

最高でもお湯と半々くらいまでの量に抑えて作るといい。牛乳自体が出汁になるので、出汁の素などは使わない方がいい。

牛乳は少量、ワンポイントとして入れるようにして、入れた後は弱火で加熱するようにする。

牛乳は味噌も溶き終わって最後に入れて、煮立たせないようにする。ぐつぐつすると臭くなる。

ミルクが入っているため、ワカメ、豆腐などの和風な具材よりも葉物や根菜などの方が合います。

初心者の方はぜひ参考にしていきましょう。

まずくない牛乳味噌汁の代用メニューのおすすめを紹介

最後に牛乳味噌汁の代わりに使えるおすすめのメニューを紹介します。

甘酒味噌汁

まずは甘酒味噌汁です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

牛乳味噌汁を甘酒に置き換えたレシピです。牛乳を使ったときより甘み・食べ応えが増し、これまた美味しいです。

かぼちゃのミルク煮

続いてはかぼちゃのミルク煮です。

パートナーの得意料理です。それが、後ほど味噌汁にもアレンジされます、和風だしだと味噌汁になるし、コンソメだとシチューなどのアレンジになります

クリームシチュー

続いてはクリームシチューです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

マイルドなミルク味と甘さがポイントの料理です。味噌を使用しないので塩分が少ない点もおすすめです。

バター入りみそ汁

続いてはバター入りみそ汁です。

よつ葉
¥4,393 (2024/05/24 18:00時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

洋風になるのでこれもベーコンやソーセージと相性がいいです。塩分が増えるので事に味噌の量を調節する必要があることと。どうしても脂肪分が増えるので後味が気になる人がいるかもしれません。

味噌汁+チーズ

続いては味噌汁+チーズです。

花畑牧場
¥3,582 (2024/05/24 18:00時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

味噌汁に足すなら、ということで牛乳ではなく、同じ乳製品でもチーズを推す。チーズは粉チーズでもとろけるチーズでもスライスチーズでもいい(とろける系は少し加熱するか、熱々にした味噌汁にいれて少しとけさせる)。牛乳を足すより失敗せず、チーズによるコクと風味のプラスでかなり洋風のスープにできる。

まとめ

以上が牛乳味噌汁の評判とおすすめの使い方、そして代用メニューの紹介でした。

牛乳味噌汁に対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「マズい? マズくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次