カッシェロ・デル・ディアブロはまずい、美味しい?評価と理由、おすすめメニューをアンケート調査!

カッシェロ・デル・ディアブロ

カッシェロ・デル・ディアブロについてのアンケート調査を実施し、その結果とまずい、普通、美味しいのそれぞれの評価の人のコメントを紹介します。

また、合わせてより美味しいと思う料理やお店なども聞いてきました。

カッシェロ・デル・ディアブロって、もしかしてまずいのかな・・?

と不安な方はぜひ参考にしてください。

ではさっそくみていきます。

目次

カッシェロ・デル・ディアブロはまずいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

カッシェロ・デル・ディアブロ
項目票数
すごくマズいと思う0
少しマズいと思う1
ふつう・どちらとも言えない2
マズいとは思わない5
全くマズくない・すごく美味しい1
CrowdWorksにてアンケートを実施

読者アンケートの結果を踏まえると以下の通り。

\平均評価/

0.0
Rated 0.0 out of 5
星5つ中の0.0(0人のレビュー)
とても美味しい0%
不味いとは思わない0%
ふつう0%
少し不味いと思う0%
すごく不味いと思う0%

\レビュー/

\絶賛募集中/

あなたの意見をお聞かせ下さい

では続いて、

  • マズいと思う人
  • マズいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

カッシェロ・デル・ディアブロがマズいと思う人の理由・コメント・評判

まずはカッシェロ・デル・ディアブロをマズいと答えた人の理由からです。

ブドウの酸味が強く、しかもアルコール度数が高すぎるのでマズと思いました。ストレートで飲むには日本人の味覚には合いません。(30代女性)

カッシェロ・デル・ディアブロが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

毎日飲むことができる安価な値段で、強い個性があるわけではないが、多くの人に好まれそうな味でとても飲みやすい(40代女性)

赤は葡萄品種によるが、チリワイン特有の味わいである。白はシャルドネはダメ。ソーヴィニヨンブランはパフォーマンスは高い。(50代男性)

カッシェロ・デル・ディアブロがマズくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはマズくないと感じた人のコメントです。

典型的なチリワインのラインナップ。この価格帯でおそらく最強。カベルネ、ピノ・ノワール、シラー、メルロー、マルベックなどの赤ラインと、シャルドネ、ソーヴィニオン、ヴィオニエの白どれをとってもバランスよく仕上がっている。(40代女性)

すごくおいしいワインです。知人からプレゼントされたのですがかなり飲みやすくて、飲んだ後に香りが鼻から抜けていくのがとても爽快でした。(30代男性)

そこそこカジュアルな味わいではありますが非常に良いものではあります。フレッシュでキレがある味わいでもあり、これはお勧めできます。(30代男性)

とてもバランスが良く飲みやすいワインです。香りも良く、口当たりもまろやかで、後味も程よい余韻があります。(50代女性)

カッシェロ・デル・ディアブロが美味しい理由は、果実の濃厚さが効いているからです。料理と合いやすく食べ物との組み合わせが良かったです。(20代男性)

カッシェロ・デル・ディアブロのワインは、フレッシュな果実のアロマが調和し、深みのある風味が口いっぱいに広がる。(20代男性)

カッシェロ・デル・ディアブロのマズい食べ方は?注意点と改善点をまとめた

カッシェロ・デル・ディアブロがマズいかマズくないは、商品そのもの以外に食べ手の味覚や好みによるところもあります。

そこで本項ではカッシェロ・デル・ディアブロを食べる際の注意点やポイントを紹介します。

注意点・おすすめでないやり方

まずくなる組み合わせ、選び方の注意点は以下のとおり。

赤ワインのタンニンが苦手ならばカベルネは避け、その場合にはメルローかピノノワールが良い。白ワインであれば、甘い香りが苦手ならばヴィオニエ以外がおすすめ。

このワインと米はあまり合わないと思います。一緒に食べるならパン類の方が合うような気がします。

強い個性があるワインが好きな人や、高くても良いから美味しいワインを飲みたい人にはおすすめしない

ラベル裏の甘口、辛口の表示は全く参考にはならない。赤は肉という概念は捨てて飲む方が楽しめる。

肉料理と組み合わせるのがマズくなるので避けた方がいいです。酸味が強すぎるので肉の味を実感できません。

マズい組み合わせに関するコメントをもっと見る

肉料理にはちょっと微妙に合わない気がするので避けたほうがよいメニューとなることでしょう。

本格的な味わいのワインなので、甘めのワインや軽めの口当たりを好まれる方へは向かないかもしれません。

カッシェロ・デル・ディアブロがおすすめでない人は、お酒の味のクセがあまり好きじゃない人はおすすめできないと思います。理由は、カッシェロ・デル・ディアブロは濃厚さが出ているため人によってはクセが効きすぎた味に感じると思います。

単独で飲んだりするより、ご飯と一緒がいいと思う。辛口が苦手な人はあまり向かないかもしれない

改善のコツ・おすすめのやり方

改善点は以下のとおりです。

10年ぐらい前は、ここまで品種ごとの展開がなかった。コンチャイトロ社の生産するものの中では本来上位レベルのカッシェロ。バリエーションが広くなったことで一層食事に合わせやすくなった。タン塩には赤ワインよりもシャルドネが最高。ねぎまはピノ・ノワール、あとは赤ワインが残ってしまった時アイスクリームやシャーベットに掛けるとデザートがランクアップします。

このワインを料理に使うのもすごくお勧めですね。肉を焼く時に隠し味としてふりかけると、とても味が恐縮しますね。

安価で強い個性がある味ではないので、どんな食材に合わせても美味しく飲めると思う。

特に白ワインは和食に合わせやすい。赤はとにかく軽いのでパーティーなどの飲み会に使うと良い。

アイスクリームに少量だけ掛けるという食べ方がおすすめです。アルコールのいい香りを実感でき、大人の味わいになります。

まずくない選び方のコツに関するコメントをもっと見る

日々の食事に合わせることがよいわけですが料理としては魚料理系が良いことでしょう。

常温で十分美味しいですが、暑い季節には軽く冷やして飲むのもお勧めです。時間が経つと程よく温まり味わいの変化も楽しめます。

カッシェロ・デル・ディアブロの食べ方のコツは、魚料理と組み合わせるととても美味しいです。カッシェロ・デル・ディアブロの味はぶどうを濃くした味と魚料理を組み合わせととても相性がよく食べやすいからです。

チョコとかチーズとかと一緒に食べると幸せです。ありふれてるけど、コーラと合わせるのも良いです。

初心者の方はぜひ参考にしていきましょう。

まずくないカッシェロ・デル・ディアブロの代用メニューのおすすめを紹介

最後にカッシェロ・デル・ディアブロの代わりに使えるおすすめのメニューを紹介します。

コノスルのシングルヴァンヤードシリーズ

まずはコノスルのシングルヴァンヤードシリーズです。

ブドウ品種の豊富さと畑の改良に余念の無い、この作り手ならではのシリーズ。特に寒冷地で作られているリースリングとゲヴェルツトラミネールが素晴らしい。価格帯も近く毎回迷います。

甲州ワイン

続いては甲州ワインです。

味わいとしてはこちらのほうが深みがあります。そして入手もしやすいですし、お安めです。

コノスル

続いてはコノスルです。

コノスル
¥8,637 (2024/05/19 12:37時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

同じチリワインで、値段もあまり変わらないし、多くの人に好かれそうな飲みやすいし味であるところが似ている

レゼルバ

続いてはレゼルバです。

同じディアブロの名前だが、しっかり熟成させてあるので全く味わいが異なりとても美味しい。

ボジョレー・ヌーボー

続いてはボジョレー・ヌーボーです。

濃厚なワインで、どんな料理も引き立てられるという点がおすすめポイントといえる品です。

まとめ

以上がカッシェロ・デル・ディアブロの評判とおすすめの使い方、そして代用メニューの紹介でした。

カッシェロ・デル・ディアブロに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「マズい? マズくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次