おでんにオイスターソースはまずい、美味しい?評価と理由、おすすめメニューをアンケート調査!

おでんにオイスターソース

おでんにオイスターソースについてのアンケート調査を実施し、その結果とまずい、普通、美味しいのそれぞれの評価の人のコメントを紹介します。

また、合わせてより美味しいと思う料理やお店なども聞いてきました。

おでんにオイスターソースって、もしかしてまずいのかな・・?

と不安な方はぜひ参考にしてください。

ではさっそくみていきます。

光食品
¥421 (2024/05/19 13:22時点 | Amazon調べ)
目次

おでんにオイスターソースはまずいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

おでんにオイスターソース
項目票数
すごくマズいと思う0
少しマズいと思う3
ふつう・どちらとも言えない2
マズいとは思わない2
全くマズくない・すごく美味しい3
CrowdWorksにてアンケートを実施

読者アンケートの結果を踏まえると以下の通り。

\平均評価/

0.0
Rated 0.0 out of 5
星5つ中の0.0(0人のレビュー)
とても美味しい0%
不味いとは思わない0%
ふつう0%
少し不味いと思う0%
すごく不味いと思う0%

\レビュー/

\絶賛募集中/

あなたの意見をお聞かせ下さい

では続いて、

  • マズいと思う人
  • マズいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

おでんにオイスターソースがマズいと思う人の理由・コメント・評判

まずはおでんにオイスターソースをマズいと答えた人の理由からです。

個人的にそこまでおいしいと思わなかったです。普段別の味付けで食べているのであまりあわなかったのでしょう。(30代男性)

おでんにオイスターソースはあまり馴染みがなく、やっぱり汁で煮たものこのまま食べるか味噌田楽の方が美味しいと思うからです。(20代女性)

おでんは、元々出汁が入っているのでオイスターソースを追加するのはNG。生臭さが強くなって、美味しく食べれられません。(40代女性)

おでんにオイスターソースが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

おでんは魚介系のものが主役になる食べ物ではないのでそもそものベースにオイスターソースはしつこい感じがして合わないと思う。(40代男性)

おでんのスープにちょい足ししたことがありますが、まあたいしてよくはなりません。あらかじめなにか具材を炒めて煮るならアリかもしれませんが。(30代男性)

おでんにオイスターソースがマズくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはマズくないと感じた人のコメントです。

オイスターソースのコクが出て、鰹とこんぶの出汁とマッチしていつものおでんより深みがある味になると思います。(40代男性)

SNSか何かで、隠し味としてオイスターソースを入れるというのを見て、実際に試してみたら美味しかった。(40代男性)

実際に自分でおでんを作る際には白だしとオイスターソースで作っています。つゆが濁らずきれいで美味しいおでんになります。(30代女性)

最初は半信半疑でやってみたけれど、作ってみるとすごく美味しい。コンビニおでんのつゆの味に近いと思う。透き通った綺麗なつゆになる。つゆの味がオイスターソースだけでほぼ決まるので、失敗がない。(30代女性)

味が濃い名古屋・静岡風おでんが好きだと、とても美味しいと感じます。ご飯にマッチする組み合わせで、初めて食べてからはいつも掛けています。(30代女性)

おでんにオイスターソースのマズい食べ方は?注意点と改善点をまとめた

おでんにオイスターソースがマズいかマズくないは、商品そのもの以外に食べ手の味覚や好みによるところもあります。

そこで本項ではおでんにオイスターソースを食べる際の注意点やポイントを紹介します。

注意点・おすすめでないやり方

まずくなる組み合わせ、選び方の注意点は以下のとおり。

オイスターソースが主役にならないくらいの量にしないと台無しになってしまうので、あくまでも出汁を引き立たさるために入れるという感じでしょうか?

オイスターソースの味が苦手だという人や、普段このような方法で食べなれていない人にはお勧めできません。

やはり入れ過ぎるとおでんとしての美味しさを損なってしまう。味見をしながら量を調整するのが良いと思う。

オイスターソースはこく出しのために使用するので、合わせる出汁が重要だと思います。当たり前ですが、オイスターソースのみの味付けでは美味しくなりませんし、多すぎてもいけません。基本的にはおでんにかけるのではなく、つゆに混ぜると失敗はないかと思います。

あくまでおでんのつゆを作るときにオイスターソースを使うのであって、おでんに直接オイスターソースをかけるわけではない。

マズい組み合わせに関するコメントをもっと見る

やっぱりおでんといえばあの出汁が効いているから美味しいのですがオイスターソースをかけてしまうと消えてしまうからです。

関西風の薄味が好きな方はおすすめできません。玉子や牛すじなどが全部ソース味になって素材の味わいがわからなくなるからです。

おでんは、坂のすり身と魚の出汁が入っているので極度に魚が嫌いな人にはお勧めできない。

食材の味を楽しむべくやや薄めにおでんを作るとして、オイスターの香りで台無しになってしまいそうでオススメできない。

そもそもおでんに入れる想定でつくられてはいませんから使うべきではない。炒めものに使いましょう。

改善のコツ・おすすめのやり方

改善点は以下のとおりです。

そもそもおでんの具材には魚の練り物が多いので、合わないということはないのですが、牛すじなどのお肉系の具材を入れるとくどくなりがちなので注意です。

直接具材につけるよりも、だしにするような感じにするともうちょっと合う感じになっていくと思います。

個人的には、オイスターソースと和風だしを1:1で合わせるのがバランスが良いと思った。

白だしとオイスターソースでおでんを作るとお手軽にとても美味しいおでんが出来ます。つゆも濁らず透き通っているので見た目もきれいです。

鍋にお湯を沸かしたら、オイスターソースをいれてよく溶かす。味見をしながらいれる。オイスターソースだけでも美味しいが、和風だしの素を加えると旨味が複雑になるのでおすすめ。

まずくない選び方のコツに関するコメントをもっと見る

だし汁の旨みを私は味わいたいのでそのままだし汁で食べるおでんがやっぱり1番美味しい食べ方だと思います。

醤油出汁でおでんを煮込んでから、食べる時に具材にだけソースをディップするのがおすすめの食べ方です。マヨネーズを合わせるとお子さん向けのマイルドな味に変化もさせられます。

おでんは、練り物よりも牛すじやウインナーなど出汁が出る物を先に煮込み、魚が好きな人は魚粉をかけて食べると美味しい

オイスターソース、おでん出汁を2:8位で割るイメージがいいと思います。オイスターソースが主張しすぎことを避けるべき。

オイスターだし、貝のだしがうまく作用してうまくなるんじゃないかとゆう安易な発想はやめましょう。

初心者の方はぜひ参考にしていきましょう。

まずくないおでんにオイスターソースの代用メニューのおすすめを紹介

最後におでんにオイスターソースの代わりに使えるおすすめのメニューを紹介します。

コンソメ

まずはコンソメです。

味の素
¥980 (2024/05/19 13:22時点 | Amazon調べ)

鰹昆布だしにコンソメを入れて少し洋風にしておでんを作ることがあります。具材が魚系が多いので肉の味コクになり美味しくなります。

味噌を塗る

続いては味噌を塗るです。

北都
¥1,227 (2024/05/19 13:22時点 | Amazon調べ)

おでんの具材に甘みのある味噌をつけるとかなりおいしいです。特に卵がおいしいです。

うどんスープ

続いてはうどんスープです。

ヒガシマル醤油
¥1,252 (2024/05/19 13:22時点 | Amazon調べ)

粉末のうどんスープでおでんを作るのも美味しい。具材からの出汁も出るので、うどんも入れると当然美味しい。

マヨネーズや味噌ダレ、コチュジャン等

続いてはマヨネーズや味噌ダレ、コチュジャン等です。

ユウキ食品
¥509 (2024/05/19 13:22時点 | Amazon調べ)

どれも特別な調味料ではないので、その時冷蔵庫にあるもので気軽に代用できるのでおすすめです。マヨネーズはまろやかなコクが出ますし、味噌ダレは甘みのあるコクが出ます。コチュジャンは味に深みが出るので、お好みで使い分けるといいと思います。

白だしでおでん

続いては白だしでおでんです。

オイスターソースは常備していないが、白だしは常備しているという人はいると思うから。値段も白だしのほうが安い。

まとめ

以上がおでんにオイスターソースの評判とおすすめの使い方、そして代用メニューの紹介でした。

おでんにオイスターソースに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「マズい? マズくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次